【勝手ルール】「自炊」代行、著作権使用料徴収で許諾検討

時事ニュースをチェックする
紙の本をスキャナーで読み取り、自前の電子書籍を作る「自炊」の代行業者に対し、スキャン行為を許諾する代わりに、業者から著作権使用料を取る構想が、作家や漫画家などの著作者団体の間で検討されていることが25日、わかった。

日本文芸家協会や日本漫画家協会、日本写真著作権協会などが、26日、「蔵書電子化事業連絡協議会」を設立。許諾を与える枠組みやルール作りについて本格的な協議を始める。

個人が自ら使用する目的で自炊を行うことは、紙の本を自分でコピーするのと同じく、「私的複製」として著作権法で認められている。しかし、自炊代行業者は客の依頼を受け、紙の本を1冊100円前後で大量に電子書籍化している。作家や出版社は、複製者と利用者が異なるため私的複製には当たらず、著作権法違反だとして、スキャン行為の差し止め訴訟を起こすなど反発を強めてきた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130325-OYT1T01600.htm


出版業界は自分勝手な法解釈して違法行為だと叫んでるだけ。
今までの裁判も和解で決着してるので、そもそも自炊代行が違法として決着したのは1件もなかったはず。
てか違法になるわけがない。ただの作業代行で、その代行作業を規制する法律が存在しないんだから。
マスコミがこの手の情報流すと、自分たちの都合のいいようにしか流さないからホント腹立つ。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
2013/03/26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。