【ドラマ】オダギリジョー主演「家族のうた」 8話で打ち切り決定

時事ニュースをチェックする
オダギリジョー(36)主演のフジテレビ系連続ドラマ「家族のうた」(日曜後9・00)が第8話で打ち切りになることが分かった。6月3日放送分が“最終回”となる。

平均視聴率は初回が6・1%、第2回は3・6%、第3話は3・4%、第4話では最低の3・1%を記録。この3・1%という数字は、00年以降にプライム帯(午後7〜11時)で放送された民放の連続ドラマでは、03年1月期の日本テレビ「メッセージ」(真中瞳主演)第6話、同10月期の「ライオン先生」(竹中直人主演)最終回と並ぶ低視聴率となった。

4話までの平均は4・2%で、「メッセージ」の全話平均4・4%という最低記録を下回っていた。

かつて爆発的な人気を誇ったものの、今や落ちぶれたロックミュージシャン・早川正義(オダギリ)が突然現れた子どもたちとの同居をきっかけに、人として父親として成長していく姿を描く熱血ファミリードラマ。撮影前には「パパはニュースキャスター」(TBS、87年放送)の脚本家から類似点を指摘され、フジが一部内容を変更する事態になっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120512-00000080-spnannex-ent


これ1話見てつまんなかったから2話から見てない。
いいよ打ち切りで。
フジのドラマは人気俳優やアイドル使ってのトレンディー系ってイメージあるけど、意外にサスペンスやヒューマン系のドラマが面白いのでそっち方面を作って欲しい。
今回のは一言で言うと「中途半端」。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。