【新ハード】5スロット9機種互換レトロゲーム機 RetroN 5、ファミコン / NES / SFC / MD/ GBA でステートセーブ可能

時事ニュースをチェックする

レトロゲーム機のROMカートリッジで遊べるマルチ互換機 Hyperkin RetroN シリーズに、大きく進化した新型 RetroN 5 が加わります。RetroN 5 の 「5」は、規格形状の違う5スロットを搭載することから。

メーカー Hyperkin では、対応機種をファミコンとその海外版 NES、スーパーファミコンと海外版SNES、メガドライブとGENESIS、およびゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスと数えて9機種としています。

(無理に増やした感もありますが、レトロゲーム機は実質的に同じ中身でも市場によりカートリッジの物理形状が違って非互換の場合があり、別にカウントする理由がないわけでもありません)。
RetroN 5 はマルチスロットのほか、いわゆる格安の互換機を大きく凌ぐ多機能も売りです。一部を並べると:
純正または互換コントローラ接続端子 計6ポート。
Bluetooth コントローラ対応
任意の機種のコントローラとゲームの組合せで遊べる。SFCコントローラでメガドライブ etc。
システムレベルのボタン設定。Bluetoothコントローラだけでなく、実コントローラのボタンもゲームと独立して入れ替え。
FXチップなど、互換機やエミュレータで不具合の多い特殊カートリッジへの対応
ステートセーブ。どの機種のゲームでも、元ゲームのセーブ機能と無関係に人気の瞬間をメモリごと保存・復帰
オーバークロック。移動中など、リミッターを解除して元ゲーム機より高速に実行して時間の節約。
アナログAV出力に加えてHDMI出力。720p アップスケーリング (スケーリングモードは詳細不明)
遊ぶゲームや各種設定、リージョンなどを操作する独自の本体OS

などなど。

レトロゲーム趣味にもいろいろと流派がありますが、実機で実ROMに無二の価値があることは前提としつつ、実ROMと実コントローラで手軽かつ快適に遊ぶソリューションとしてはなかなか手を尽くしています。メーカーによると発売は今年夏、予価は100ドル以下。下の動画では発表プレゼンと質疑のようすが見られます。

http://japanese.engadget.com/2013/03/25/5-9-retron-5-nes-sfc-md-gba/


いわゆるパチもんハードだけど1台で省スペース化できるしちょっといいな。
100ドルか……5000円くらいなら欲しい。。
》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。