熱気球、消えた五輪種目

時事ニュースをチェックする
熱気球レース.jpg
1900年のパリオリンピックは万国博覧会の付属大会であり、空前絶後の数の公開競技が実施された。好例が熱気球レース(写真)である。「あまりにも多くのイベントが開催され、どれがオリンピック種目か判断できないほどだった」と、国際オリンピック史学会(ISOH)の元会長ビル・マロン(Bill Mallon)氏は説明する。

飛行距離、飛行時間、既定の場所に着陸する正確性が競われ、フランスが圧勝している。

機械の推進力を利用する競技の禁止に伴い、熱気球も五輪で実施されることはなくなった。近年、五輪憲章で機械的推進力を認める動きが出ているが、熱気球の復活はないとマロン氏は考えている。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2012072708&expand#title


めっちゃ面白そうだけど、昔だから出来たことなんだろうなぁ。
機械を使う使わない以前に安全面とか叫ばれそう。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
2012/07/30 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。