【裁判】親に9500万円賠償命令 少年が自転車で人はねた事故

時事ニュースをチェックする
自転車で女性(67)をはねて寝たきり状態にさせたとされる少年(15)=当時小学5年=の親の賠償責任が問われた訴訟の判決が4日、神戸地裁であった。田中智子裁判官は「事故を起こさないよう子どもに十分な指導をしていなかった」と判断。少年の母親(40)に対し、原告の女性側と傷害保険金を女性に支払った損保会社に計9500万円を賠償するよう命じた。

判決によると、少年は2008年9月22日夜、神戸市北区にある坂をマウンテンバイクで時速20〜30キロのスピードで下っていた際、知人の散歩に付き添い中の女性に衝突した。女性は頭の骨が折れ、現在も意識が戻っていない。

判決は「少年の前方不注意が事故の原因」と認定。少年側は「危険な走行はしておらず、日頃から指導もしていた」として過失責任を否定したが、判決は母親が唯一の親権者としての監督義務を十分に果たしていなかったと判断した。

http://www.asahi.com/national/update/0705/OSK201307040164.html


自転車だろうが交通事故で人殺し掛けてるんだから仕方ない。
もっとも自転車のひき逃げの案件にならなかっただけでも、これは加害者側も情状酌量の余地はあるかもしれないけれども。
自転車のひき逃げ案件ならこれの倍くらいにすべき。
自転車ひき逃げに関しては安く見られ過ぎでどう考えてもそっちのほうが問題。

自転車でひき逃げは最高10万円の罰金+高額賠償金 気の緩み、直らないクセ−自転車事故:PRESIDENT Online - プレジデント

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
2013/07/06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。