【仙台根性焼き】「根性焼き」は合意による行為と認識…学校側

時事ニュースをチェックする
仙台市の私立高校の男子生徒(16)が、同級生からたばこの火を腕に押しつけられる「根性焼き」などのいじめを受けたとして仙台東署に被害届を出した問題で、生徒が通う学校の教頭は7日、読売新聞の取材に応じ、「いじめの可能性を否定せず再調査する」と話した。

「他の生徒に動揺を与える」として生徒側に求めていた自主退学は保留扱いとした。

学校の説明では、生徒の保護者からいじめの相談を受け、7月中旬に校内に調査委員会を設置。いじめたとされる生徒に話を聞いたところ、被害生徒が自分でたばこの火を腕に押しつけたなどと説明を受けた。被害生徒も自分から頼んだと説明したとして、やけどは「自傷行為」、または「合意による」と認識したという。

その後、被害生徒が、やけどはいじめによるものと申し出たため、学校側は他の生徒から話を聞くなどしたが、いじめとは認めず、生徒側に今月6日までに自主退学するよう求めたという。学校側は、自主退学に応じなければ退学処分にするとしていたが、被害届が出された6日に行われた保護者との話し合いで、「保護者が納得していない」などとして、再調査と退学処分の保留を決めた。

学校側は、いじめたとされる同級生が7月31日付で自主退学したことも明らかにした。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120808-OYT1T00336.htm


完全に回りが振り回されてる。
根性焼きを自分でやってくれと命令したのか、無理やりやらされたのか、が争点なんだろうけど本当にいじめられてるならはっきりと言わないと有耶無耶になるというのがよく分かる事例になっちゃったな・・・
こうなっちゃったら後から「実はいじめでした」と言ったところで周りはもやっとしたままになるよ。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
2012/08/08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。