主婦7割「韓流は好きではない」。まぁランキング操作は日本人もやってるし。

時事ニュースをチェックする
「チャートなんてCDを組織買いするなりなんなりすれば、初動で1位なんて簡単に操作できますよ。そもそも、こうした手口は彼らの得意とするところじゃないですか(笑)。その証拠にランキング入りが長く続かないし、最終的なCDの売上枚数も大したことがないわけですからね」

大垣共立銀行(岐阜)系列のシンクタンクである共立総合研究所による「韓流消費に関するアンケート」の調査結果を見ても、こうしたK-POPブームの空虚さを裏付けるものとなっている。なんと、アンケートに回答した主婦の7割が「韓流は好きではない」との結果だったのだ。
あるネットユーザーは次のように言う。

「調査は大垣共立銀行の本店や支店を訪れた既婚女性を対象に行われたそうですが、世間の実情を反映したものといえるではないでしょうか。結局、K-POPなんていわれているほど日本の社会に浸透などしていないし、要はメディアが作り上げたブームに過ぎない、ということが明らかになってしまったわけです」
※一部抜粋
http://www.cyzo.com/2012/06/post_10821.html


ランキング操作して権威付けするのは韓国だけのお家芸じゃないよ。

日本でもやってる人達いるしね。
アマキャンこと「アマゾンキャンペーン」。
Amazonランキング1位っていう権威をつけるために指定した時間(1日とかだとキツイから1時間でのランキング1位を狙う)に大量に買うように呼びかける行為。
この期間にAmazonで買ってくれた人には動画とかDVDとかプレゼントしたりしてる。
韓国のランキング操作よりも、権威付けとリスト集めを兼ねた効率的な戦略だよね。
あとは「あの●●書籍でAmazonランキングで1位を取った」って銘打ってセミナー商法をすればいい。
感謝セミナーとか言って無料でセミナーを開催、ここでアンケート取って必要な情報を収集した後、属性を把握して有料セミナーへ誘導、と。
業者はピンきりだけど、高いとこだと数百万。
本の印税じゃ無理だけど、うまくいけばセミナーで十分回収できるよ。
ま、やりたい人は本出すためのコネクション作らないとね。
出版セミナーにでも顔出せば(爆)

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
2012/06/20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。