【嫌がらせ】佐川急便を書類送検、大阪府警 許可なく「信書」配達容疑

時事ニュースをチェックする
宅配便大手の「佐川急便」(本社・京都市)が、許可を受けた業者以外の取り扱いが禁止されている「信書」を配達したとして、大阪府警住吉署は10日までに郵便法違反の疑いで、同社とウイルス対策ソフト大手「シマンテック」(東京)の2法人と、関与した男性社員2人ずつの計4人を書類送検した。

信書には請求書や督促状、ダイレクトメールなどがあり、郵便法は郵便局や許可を受けた業者以外が配送することを禁じている。

書類送検容疑は昨年2〜9月、シマンテックが信書にあたる文書送付を依頼、佐川急便が数回にわたり大阪市の男性に配達した疑い。男性が今年4月、住吉署に刑事告発していた。

http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091001001488.html


メール便で契約書みたいなの送ったのかなぁ。
未だに信書を郵便局の特権にしてるのがおかしいわけだけど。
ヤマトの運ちゃんも嘆いてたなぁ。事あるごとに行政指導という名の嫌がらせが入るって。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【経済の最新記事】
2013/09/10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。