【尼崎事件】角田美代子元被告の自宅、金融業者が落札。尼崎連続変死

時事ニュースをチェックする
兵庫県尼崎市の連続変死事件で、留置場で自殺した角田(すみだ)美代子元被告(当時64)らが暮らしていた同市内のマンションが競売にかけられ、2月の入札で5社が応札し、大阪市の金融業者が1330万円で落札していたことがわかった。

不動産登記簿などによると、2000年築の8階建て分譲マンションの最上階。3LDK(約74平方メートル)で、美代子元被告らが逮捕された11年11月まで約10人が集団生活していた。

落札した業者は2008年11月、この物件に2200万円の根抵当権を設定し、美代子元被告の義妹でマンション所有者の三枝子被告(60)=殺人罪などで起訴=に融資していた。この業者が所有権の移転手続きを進めるため、神戸地裁尼崎支部に競売を申し立てたとみられる。担当者は「リフォームして売却することになるだろう」と話している。

http://www.asahi.com/national/update/0830/OSK201308290157.html


北九州監禁殺人で有名になったあのマンションは未だに買い手がつかないみたいだけど、これも大概だろう。。
北九州監禁殺人事件 - Wikipedia

にしてもこの尼崎事件はつくづく角田被告の自殺が悔やまれるな。
事件の全貌が解明されることはないんだろうなぁ・・・。
NHK未解決事件のこの事件の回も被告弁護人からクレームが来たみたいで、今裁判中の連中も悔いる気持ちなんかなさそうだし。
だいたいあれだけ人殺しといて死にたいとボヤいたり、自殺するとかいうのは、この手の事件の主犯としてちょっと不思議。どっちかというと搾取される側の発想。
真犯人がいて、これ以上事件を掘り返すなと言ってるようにもみえる。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【犯罪の最新記事】
2013/08/30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。