【新ゲーム機】ニンテンドー2DSを北米と欧州向けに発売

時事ニュースをチェックする


[サンフランシスコ 28日 ロイター] - 任天堂 は28日、「3DS」よりも安価な携帯型ゲーム機「2DS」を10月に北米と欧州で発売すると発表した。また、据置型ゲーム機「Wii U」を9月から値下げすることも発表した。スマートフォンやタブレット端末にゲーム専用機が押される中、クリスマス商戦を前にテコ入れを図る。

10月12日に発売する「2DS」は、画像は2次元ながら、初代「DS」だけでなく「3DS」のソフトも使える。価格は129.99ドル。「3DS」の169.99─199.99ドルよりも低く抑えることでユーザー層を広げたい考え。

携帯電話やタブレットを持ちつつ、任天堂のゲームでも遊んでみたいというユーザーだけでなく、「すべての消費者、とくに若い人たち」を取り込みたいと、米国任天堂のレジナルド・フィサメィ社長は言う。

「2DS」の本体色は赤と青の2種類。これまでと同様に2画面だが、折りたたむことはできない。

一方、据置型ゲーム機「Wii U」は、データ保存容量32ギガバイトの機種を9月20日から299.99ドルへ50ドル値下げする。任天堂は2014年3月期に「Wii U」を900万台販売する計画だが、4─6月期の販売は16万台にとどまった。最大の商戦期であるクリスマスに向け、値下げと新作ソフトの投入で巻き返しを図る。

しかし、今年はソニー が「プレイステーション4」(399ドル)、マイクロソフト が「XboxOne(エックスボックスワン)」(499ドル)と、それぞれ新型機を投入することから、ゲーム機市場は一段の競争激化が予想される。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0GT1LC20130828


なんというネタハードw

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【アニメ/ゲームの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。