三菱東京UFJ銀行員が女性(79)から4億円詐取するも行内調査進まず。

時事ニュースをチェックする
国内最大のメガバンク・三菱東京UFJ銀行の現役行員2人が、マルチビジネスへの投資を都内在住のお年寄りに勧めるなどし、総額4億円以上を詐取していたことが週刊文春編集部の取材で明らかになった。

昨年、三菱東京UFJ銀行新橋支店の30歳代の現役行員2人と知人のコンサルタントのSの3人は、大口預金者である資産家女性(79歳)に「今までの損失を取り戻せる」「絶対に大丈夫」と巧みに勧誘し、自らも関与するマルチビジネス会社へ3億8千万円投資させた。だがその後、マルチビジネス会社は破綻。
さらに彼らは「インドネシアに投資する」などの口実で、女性の自宅から現金数千万円も持ち出した。
4億円以上にのぼる女性の保有資金は底をつき、彼らが個人的に持ち出したお金も一切返金されていない。

三菱東京UFJ銀行の行内調査は遅々として進まず、女性は刑事告訴の準備を進めている。

捜査当局による一刻も早い全容解明が求められる。

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3022


1人から4億円搾取って……。
3億円事件が霞んで見えるわ。
下手に騒いでたら、女性殺されかねなかったんじゃ。

あんたら銀行は表見代理主義なんだから、UFJの行員自身がUFJの名前出してやった行為だとしたら、しっかり払わないと。ダブスタなんか許されない。
刑事告訴もそうだけど、一緒に民事もやって詐欺師集団とUFJ両方訴えてがっぽり返してもらえばいいよ。
詐欺師集団の方は手慣れてそうだから早く訴えないと被害が拡大しそう。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【犯罪の最新記事】
2013/08/20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。