【通名】「勤務先で本名を使えと精神的苦痛を受けた」裁判

時事ニュースをチェックする
【上沢博之】勤務先で社長に在日韓国人であることを公表され、日本での通名ではなく本名を使うように繰り返し強要されたため、精神的苦痛を受けたとして、静岡県中部に住む40代の男性が、社長に慰謝料300万円を求める訴訟を静岡地裁に起こしたことがわかった。

男性は韓国籍で日本で生まれ育ち、通名を使用。訴状によると、男性社長から昨年11月と今年1月、勤務先の事務所で「朝鮮名で名乗ったらどうだ」と言われ、「このままで結構です」と拒否。2月にも「これからの時代は朝鮮名で生きた方がいい」といったことを言われ、4月には多くの社員の前で「この人は在日韓国人だ」と明かされた。さらに5月、「朝鮮名で名乗るなら呼んでやるぞ」と言われたという。男性は再三、本名を名乗るよう強要され、屈辱と精神的苦痛を味わったと訴えている。

http://www.asahi.com/national/update/0728/TKY201307270426.html


通名持たない日本人はみんなそうやって生活してるわ。
もし本名名乗ることも出来ないなら、周囲の環境に問題があるんだろう。
在日なの分かってて普通に就職させてもらってるなんて、今時の日本人より優遇されてるんだから別段本名使っても何の問題もなかろうに。
てか、そもそも実生活の上で本名使うのが苦痛って、何がどう苦痛なんだろうという素朴な疑問。

通名制度が悪用されてる現状なんだから、日本人にとって通名使われることが苦痛。
というわけで、こんな訴状が通って慰謝料払えってことになれば、逆に通名使われることに精神的苦痛を受けたとして裁判を起こすケースもでてきそう。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【社会の最新記事】
2013/07/28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。