パプアニューギニア、死刑復活へ 「魔術法」は廃止

時事ニュースをチェックする
南太平洋パプアニューギニアのピーター・オニール(Peter O'Neill )首相は1日、暴力犯罪の撲滅には厳罰が必要だとして、死刑の復活や強姦(ごうかん)罪への終身刑の適用など、現行法を改正する方針を閣議決定したと発表した。また、物議を醸していた魔術の使用を禁じる「魔術法」を廃止するほか、麻薬やアルコール絡みの犯罪を厳罰化するという。※以下略
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2941898/10673647

魔術法は「アイツ魔術使った、っていう無茶苦茶な理由でリンチにあっても通報もされないという状況」を生み出してたから、それを廃止してリンチした奴は逮捕するし、ひどい奴は死刑にするってことか。
死刑は銃殺刑だってさ。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【海外の最新記事】
2013/05/02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/358341806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。