【世界一】日本音楽市場、売上世界一になる。

時事ニュースをチェックする
日本の音楽業界が久しぶりに明るい話題で持ちきりです。8日に国際レコード産業連盟が発表した2012年の音楽市場の世界統計によると日本は米国を抜き世界一の市場規模になりました。CDなど音楽ソフトパッケージや配信サービスなどの売上高の合計は約43億ドル(約4250億円)。73年の統計開始以来で初めての快挙というから驚きです。

「昨年は御社はアイドルグループでヒットを連発でしたね」「いやいやそちらも年末出したベテラン歌手のベスト盤CDが売れまくったじゃないですか」――。日本レコード協会が毎年1月に開催する賀詞交換会。その場では音楽業界関係者の笑みであふれました。各社の売り上げの大半を占める音楽CDの売り上げが、軒並み好調だっただけに当然と言えるでしょう。
※後略
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0903I_Z00C13A4000000/


「CDが売れない」とは何だったのか。
ドーピングみたいな商法だけどね。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【経済の最新記事】
2013/04/10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。