【クールジャパン()】予算500億を秋元康に献上も、クリエーターには「無報酬で」

時事ニュースをチェックする
政府は3日、クールジャパン推進会議を開き、食やアニメ、ファッションを「クールジャパン」(格好いい日本)として外国に売り込むための具体策を議論した。民間議員で「AKB48」プロデューサーの秋元康氏は「日本中の優秀なクリエーターにひと肌脱いでもらうべきだ」と指摘。アニメや芸術の関係者に、ポスターやキャッチコピーづくりに無報酬での協力を求めるよう提案した。
角川グループホールディングスの角川歴彦会長は、日本製アニメの影響を受けた海外のいわゆる「オタク」を教師に起用して「シンガポールやインドネシアなどにクールジャパンを教える学校を10校程度設立すべきだ」と提言。茶道の裏千家家元、千宗室氏は「茶道を学んでいる学生を海外に派遣してはどうか」と提案した。
推進会議は月内に提言をまとめ、政府が6月にまとめる成長戦略への反映を目指す。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130403-00000133-jij-pol


正当な対価を渡すところに渡すのが正しい社会。
秋元みたいな山師に金を渡してクリエーターには金を出さない。
これがクールジャパンか。
ホント冷める。

むしろ秋元を外し無報酬で議員をやれる人を選出、クリエーターや実行現場にお金を回すのがあるべき姿。
議員というのは名誉職であるべきで、金稼ぎしたい奴がなってはいけない。
国会議員も含めて。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【政治の最新記事】
2013/04/04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353906591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。