【秋田】鉱山廃水漏れる。水道水に供給か?

時事ニュースをチェックする
国土交通省能代河川国道事務所は19日、鹿角市尾去沢字春木沢の米代川支流の赤金川に、近くの旧尾去沢鉱山から出た廃水(酸性水)が流出しているのが見つかったと発表した。安全確認のため、大館市と能代市が一時、米代川からの上水道の取水を停止した。同事務所は災害対策支部を設置、米代川の主要地点で水質調査を行っているが、異常は見つかっていない。

同事務所などによると、18日午後3時ごろ、廃水処理のため幅約4メートルの赤金川をまたぐ形で渡しているコンクリート製のU字溝水路(幅50センチ、長さ5メートル)が崩落しているのを、定期点検中の水路の管理会社が発見した。同日午前11時の巡回では異常がなかった。

管理会社が午後5時ごろに代わりのビニール管を設置、廃水の流出は止まったが、この間最大で約6時間にわたって約7万2千リットルの廃水が川に流れた可能性があるという。

鹿角・赤金川に鉱山廃水流出 2市で一時取水停止|さきがけonTheWeb


当初、この記事を見たときは農業用水としては4月以降に供給されるみたいだから問題ないか、と思ったら……続報を見たらなんか若干大変なことになってきている模様。


旧尾去沢鉱山の廃水が河川に流入したとの連絡を受け、米代川から水道水を取水している流域の自治体関係者は対応に追われた。

大館市は18日夜に2時間ほど、中山地区の米代川取水口からの取水を停止した。しかしその段階で流出から数時間たっていたため、既に廃水が流入した水道水が供給された可能性もあると懸念。一部地域の水道水を採取し業者に検査を委託した。結果は23〜26日の間に出る見通し。

能代市は19日未明から早朝にかけ同市鶴谷新田の米代川取水口でほぼ1時間置きに河川水を採取し、秋田市の県分析化学センターに調査を依頼。同日午前7時前に基準値の範囲内と分かり、取水を再開。市は断水となる可能性を考え、浄水前の沈殿池の水を浄水池に移し満水にしておくなどの措置も取った。

鹿角市は「市の水道水の取水口は米代川上流部にあり、飲み水に心配はない」と話すが、近くに住む主婦(63)は「他にも老朽化施設があるのではないか」と不安げな表情を浮かべた。

流域自治体、対応に追われる 旧尾去沢鉱山廃水の米代川支流流入|さきがけonTheWeb


水道水として使われてたみたい。

※参考サイト
尾去沢鉱山 - Wikipedia
廃墟と巨大坑道・尾去沢鉱山に行ってきました! - ポンパドール・パラソル:野望編

廃墟になってるのか。建物めっちゃかっこいい。
》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【事故の最新記事】
2013/03/20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/348163813
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。