【謎結論】「日本に行っても稼げない……」多発する中国人研修生犯罪に見る、外国人研修制度の闇

時事ニュースをチェックする
「外国人研修生として日本に派遣されるには、まず、現地政府に認定された『送り出し機関』に登録する必要があります。外国人研修制度の推進団体である「国際研修協力機構」(JITCO)によると、研修生を募集し日本へ派遣する認定送り出し機関は、中国国内には289。実はこの送り出し機関というのがクセ者で、研修生から保証金や手数料名目で不当に金銭を巻き上げて利益を上げているところも少なくない。また、認定送り出し機関には、人材会社に委託して研修希望者を募っているところも多い。孫請けひ孫受けと複数の中間業者が介在することで、研修生の手数料も高額化しています。それでも送り出し側による『日本に行けば稼げる』という甘言に釣られ、100万円以上の手数料を借金して支払ったという研修生もいる。しかし、いざ来日してみると、あくまで『研修』扱いの彼らの給与は、聞いていたほど良くはない。そうなると、自暴自棄になり、凶行に走ってしまう者もいるのでは。ちなみに過去に、日本で問題を起こした研修生を派遣した送り出し機関が、認定取り消しなどのペナルティを受けたという話は中国では聞いたことがありません」
途上国への国際貢献を目的として創設された外国人研修制度だが、今後、そのあり方は再考を迫られそうだ。(文=牧野源)
「日本に行っても稼げない……」多発する中国人研修生犯罪に見る、外国人研修制度の闇 - 日刊サイゾーより一部抜粋

そして、「「研修生」という名の奴隷労働―外国人労働者問題とこれからの日本 [単行本]」という本をアフィリして「ブラック企業顔負け。」と結論。

いやいやいや、おかしいでしょ??
中国人ブローカーが中国人を騙して日本に中国人を送り込んで、その研修生が騙された!って日本人殺してるんでしょ?
なんで、それでブラック企業顔負け、って結論がでるんだろ。

中国人ブローカーが中国人を騙して同族を喰い物にする展開は慰安婦問題と同じ構造でしょ。
現代でも売春婦問題で同じ事起こってるのはサイゾーなら自分たちで記事にしてそうだけど。
って言っても、サイゾーだからなぁ。
突っ込んだら負けな記事なんだろうな。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【犯罪の最新記事】
2013/03/19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。