【復興予算】ガレキ受け入れず86億ゲット。堺市竹山修身市長「財源の確保は首長の責務。ありがたくいただきたい」

時事ニュースをチェックする
東日本大震災で発生したがれきを受け入れない堺市が、復興予算約86億円をごみ処理施設の新設費などとして受け取ることが9日、分かった。がれきの処理に困った環境省が、受け入れを検討しただけの自治体にも復興予算の交付を決めたためだ。小さな自治体の年間予算にも匹敵する巨額の資金だけに、「本当にもらっていいのか」と疑問の声も上がっている。

 堺市によると、堺区の臨海部に建設総額約182億円のごみ処理施設を整備中で、今年4月に供用開始を予定している。

 市は昨年1月、この施設の建設事業費と老朽化している東区のごみ処理施設の改修事業費のうち、約86億円分を平成24年度の国の交付金対象事業と位置付けた。国の交付率に基づき約40億円を要望し、残る約46億円分を地元で負担する予定だった。

※後略

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130309/waf13030921310029-n1.htm


何考えてんだ?日本人の思考じゃないわ。
復興の財源なのにただで手に入れてありがたくとか、人として神経を疑う。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【政治の最新記事】
2013/03/11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343852101
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。