【尖閣諸島】中国、尖閣周辺EEZ内に「ブイ」 海自の動き探る

時事ニュースをチェックする
中国が沖縄県・尖閣諸島の周辺海域に「海上ブイ」を設置したことが21日、分かった。設置場所は排他的経済水域(EEZ)の境界線である「日中中間線」の日本側で、中国による構造物設置は国連海洋法条約と国内法に違反する。ブイには多数のアンテナが備えられており、音や海中データを収集・分析することで海上自衛隊の潜水艦の動向を把握する狙いがあるとみられる。
――中略
海洋法条約と国内法の「排他的経済水域と大陸棚に関する法律」では、構造物設置や科学調査はEEZを管轄する国にしか認められていない。海保の政策評価広報室は産経新聞の取材に、「一般論として構造物設置は海洋法条約に反している」と説明。中国が海上ブイを不当に設置したことについては「担当に事実関係を確認中」と回答した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130222-00000088-san-pol


中国やる気満々ですやん。完全に戦争準備行為。
政府は尖閣諸島を東京から横取りしといて、これほったらかす気?


フォークランド侵攻予期せず…「鉄の女」も混乱 サッチャー氏の証言公開
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121229/erp12122914570004-n1.htm

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【政治の最新記事】
2013/02/22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/324481398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。