【TPP】首相「参院選前に結論」まだこんな馬鹿話してたのか。

時事ニュースをチェックする
安倍晋三首相は二十日の参院予算委員会で環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加について「七月の参院選前には結論を出せるのではないか」と述べた。

首相は二十二日に行われるオバマ米大統領との会談について「聖域なき完全撤廃なのかどうか確かめた上で、今までの交渉経過を分析し、国内への影響を精査して判断しないといけない」と指摘。その上で「首脳会談は交渉の場ではないので、一つ一つ(コメなど個別の品目の)項目を挙げるわけではない」と述べた。

白川方明日銀総裁が三月十九日に辞職することに伴う後任人事については「訪米後から検討する。空白が出ないように衆参両院にお願いしたい」と、二十四日に訪米から帰国した後、国会に提示する考えを表明した。総裁候補について「これから最終的に候補者に当たる必要もある」と人選を急ぐ考えを示した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013022102000138.html


安倍ちゃん、何言ってるの??
まだTPPの本質、知らないのか??
誰か教えてやってくれよ……首相の周りはアホと売国奴しかおらんのか?

TPPと言えば「関税の完全撤廃」みたいなイメージをマスコミが植え付けてるけど、実態は全然違う。
TPPとは「アメリカ特権企業のための国境を超えた支配制度」のことだよ。
関税撤廃はその理想に近づけるための副次的なもの。
実態は監督立場のアメリカ議員ですら、草案を覗けないし口出しも出来ないという密室での企業談合。
一部のアメリカ特権企業が延々甘い汁を吸うために国や法律の垣根を超えて作ってるから、本国アメリカですら避難轟々。
だから一部の品目の例外を認めるみたいな、そういうレベルの話は全くお門違いにも程がある。
「コメは除けとか、何か子供が関係ない話し始めてるんだけど?」と馬鹿にされてるよ。
日本でTPPがいきなりぽっと話が出てきたのはある意味わざとだよね。
考える暇も与えず国会通しちゃえという流れだったんだろうな。

↓これ読めば分かりやすい。
http://d.hatena.ne.jp/amadamu/20121204/1354616726

■参考動画


■TPP関連の最近のニュースなど
日本農業新聞 e農ネット - 自民のTPP基本方針 官房長官「真摯に受け止める」
自民TPP反対派が決議 日米首脳会談での参加判断「絶対に認めない」 - MSN産経ニュース
自民TPP反対派が決議文 首相訪米にクギ  :日本経済新聞
TPPで6項目堅持を 自民議連が決議 - MSN産経ニュース
例外認めず「全品目」求める TPP日本参加で米通商代表 - MSN産経ニュース

こうやって関連ニュースのタイトル見ただけでも、自民いつまでアホなこと言ってるの?と言いたくなる。
さっさと参加取り下げろって。
万が一参加なんていう馬鹿なことしたら、表明した首相は「買収された売国奴」。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
タグ TPP
【政治の最新記事】
2013/02/21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/324341547
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。