【仏像窃盗】釜山税関「模造品と判断したからOKした」対馬の盗難仏像、韓国に。

時事ニュースをチェックする
昨年10月に長崎県対馬市の神社や寺から盗まれた仏像2点が韓国南部・釜山港から同国内に持ち込まれていたことが分かった。日本政府が韓国側に捜査と仏像の返還を要請している。聯合ニュースが29日報じた。

仏像は、海神神社の国指定の重要文化財「銅造如来立像」と観音寺の長崎県指定の有形文化財「観世音菩薩坐像」。いずれも朝鮮半島で作られ日本に渡ったものという。

釜山の税関によると、仏像は昨年10月8日に盗まれ、同日中に何者かが福岡発のフェリーで釜山港に持ち込んだ。仏像には通関手続きが行われたが、同港の文化財鑑定官室が誤って模造品と判断したため、税関をすり抜け、行方が分からなくなっているという。

日本政府がこのほど、韓国側に捜査を依頼したことで持ち込みが判明した。地元紙、釜山日報によると、仏像は窃盗犯とみられる61歳の人物が持ち込んでおり、韓国警察が捜査している。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130129/kor13012914370004-n1.htm


嘘つけw

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【韓国の最新記事】
2013/01/29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316865267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。