「先生奪わないで」“逆風”も撤回なし。どちらが「生徒のため」か?

時事ニュースをチェックする
大阪市立桜宮高校の男子生徒の自殺を受けて、入試中止や教員の総入れ替えを求める橋下徹市長の発言は、在校生らの激しい反発を招いている。

橋下市長も会見やツイッターで「賛否両論ある」と“逆風”を認めつつ「ここで譲ったら子どものためにならない。ぼくの考えが間違いなら選挙で落とせばいい」と撤回するつもりは毛頭ない。

大阪市教育委員会の長谷川恵一委員長ら委員は18日、学校を視察。運動部の顧問や生徒から聞き取り調査を行い、「市長のやり方は個性なので認めるが、入試は実施してくれというのが基本的な考え方。教育内容なので、われわれが主体的に決めたい」と苦悩をにじませた。

同高体育科3年の女子生徒(18)は「市長から大切な学校を侮辱され、多くの生徒が傷ついた。私たちの先生を奪わないで」と切実だ。

現在、桜宮高校では文化系も含めてすべての部活動が中止。女子生徒が所属する部も対外試合をキャンセルした。

橋下市長が入試中止の方針を打ち出した翌日の16日、女子生徒は、学校を守るために自分たちに出来ることはないかと友人らと話し合ったという。「市長は『選挙で落とせ』と言うけれど、私たちには選挙権もない。私たちの声も聞かずに、『子どもたちのため』などと言わないで」と訴えた。(共同)

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20130121-1074826.html


これってさ、「校長・教頭が辞めてクラブ顧問を入れ替え」れば入試できたのにやらなかったわけだよ、学校側が。
別に校長や教頭が同時に辞めるくらい高齢化が進んでる学校じゃあり得そうだし、トップが変わっても学校運営なんて出来るでしょ。クラブ顧問の入れ替えも名義上変えた後に、徐々に引き継げばできること。
結局は何も変えたくないっていう「学校側の保身」だよね。
「生徒のため」って言葉で誤魔化してるのは橋下じゃなくて学校側。
高校生にもなればYesの意見もあればNoの意見を持ってる人もいるはずだけど、一方の意見しか書かない記事は全く信用ならないね。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【学校問題の最新記事】
2013/01/22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314693840
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。