群馬の工場で作業員死亡 機械に巻き込まれた可能性

時事ニュースをチェックする
15日午後11時55分ごろ、群馬県太田市新道町の自動車部品製造工場で、同市西本町、派遣社員、菅谷正美さん(46)が、研磨用機械の排出口で倒れているのを同僚の男性(45)が発見し、搬送先の病院で死亡が確認された。

太田署によると、機械は高さ約4メートル、奥行き約6メートルのドラム型で、回転しながら部品を磨く。何らかの原因で機械に巻き込まれた可能性があるとみて調べている。

菅谷さんは15日午後6時から、同僚と2人で自動車部品を磨く作業をしていた。同僚が休憩から戻ると菅谷さんが倒れていた。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120516/dst12051612090004-n1.htm


部品を磨くような機械の近くの作業で、巻き込まれるような環境にある衣服を身に着けてたってことなのかな。
こういう事故ってプロレタリアな感じがするけど、未だに発生するのはなぜなんだろう。

》その他のニュースを探す
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
【事故の最新記事】
2012/05/16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270260239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。